ヨーロッパの矯正歯科事情

ヨーロッパの矯正歯科事情

ヨーロッパには多くの矯正歯科があり、日本とは比較にならないほど多くの子供たちが歯列矯正をおこなっています。

国によっては、歯列矯正に保険が適用されています。未成年は自己負担なしで歯列矯正できるという国もあり、日本とは大きく事情が異なっているようです。

自己負担がある場合でも、歯並び矯正の優先順位は高く、他の出費を削ってでも子供を矯正歯科に通わせるのが一般的です。ヨーロッパ人は日本人よりももともと歯並びが整いやすいためもあって、歯列矯正には、マウスピースがよく用いられます。マウスピースなら目立たず、激しい運動でけがをする危険性も少ないため、矯正に取り組む敷居はかなり低くなっているようです。

歯並びが重視される風潮も、もちろん影響しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

矯正歯科INFO

  1. 矯正歯科と審美歯科の関係性
  2. 日本の矯正歯科事情
  3. 矯正歯科のデメリット
  4. 矯正歯科の値段
  5. 矯正歯科とは
  6. アジアの矯正歯科事情
  7. 矯正歯科と歯医者の違い
  8. 矯正歯科のメリット

用語集

PAGE TOP